AUTOSAR開発製品

コンセプト

車載ソフトウェアの部品化を実現します

AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture) は、欧州の自動車メーカー・部品メーカー主導で車載ソフトウェアの共通化を目指して 2003 年 7 月に設立された組織です。 AUTOSAR 仕様として、車載ソフトウェアプラットフォーム仕様を含むソフトウェアアーキテクチャ、アプリケーションインタフェース、および開発方法を定義しています。
永和システムマネジメントでは、AUTOSAR仕様の主要コンセプトであるソフトウェア部品化を実現する基盤ミドルウェア「ソフトウェア実行環境(RTE)」を開発し、提供しています。 また、ソフトウェア実行環境(RTE)を活用し、ハードウェア非依存となるソフトウェア部品の開発・単体テストを支援する統合開発環境をご提供しています。



ソフトウェア実行環境(AUTOSAR RTE)

AUTOSARの開発方法はモデル駆動開発です。AUTOSARモデル仕様に従って、システムを構成するトポロジとソフトウェア部品で構成されるアーキテクチャを設計し、開発を進めます。
AUTOSAR RTEは、ECUで動作するソフトウェア部品の動作基盤となるため、アーキテクチャの設計内容に応じて効率よく動作するように実現する必要があります。このため、AUTOSAR RTEは、モジュール生成ツールとして提供しています。


・AUTOSAR RTE

弊社は、名古屋大学情報科学研究科・組込みリアルタイムシステム研究室主催の『車載制御システム向け高品質プラットフォームに関するコンソーシアム型共同研究』に参加しています。
弊社の保有するAUTOSAR RTEのノウハウは、本共同研究のRTEモジュール生成ツールに反映され、TOPPERSプロジェクトの成果物として公開されています。

AUTOSARソフトウェア部品向け統合開発環境

AUTOSARのソフトウェア部品は、再利用可能なソフトウェア資産として活用しやすいよう仕様化されています。 開発したソフトウェア部品は、AUTOSAR RTEを利用して動作することから、通常はECUへのインテグレーションを行わないと動的検査や動作確認が行えません。 部品毎に開発と単体テストを効率よく行うためには、ECUインテグレーションの手間を軽減し、動的検査を効率よく行うための環境が不可欠となります。


・ARTEC VFBS - Virtual Function Bus シミュレータ
・ARTEC CDK - ソフトウェアコンポーネント開発環境

弊社では、AUTOSARプラットフォームのPCシミューション環境を開発し、実ECUへのインテグレーションを行わずにソフトウェア部品の実装、動作確認、単体テストを実施可能としました。 開発したPCシミュレーション環境を統合開発環境に統合し、シームレスにAUTOSARソフトウェア部品の開発や動作確認が行えるパッケージとして提供しています。




AUTOSAR RTE

概要
  • AUTOSAR規格に準拠したソフトウェア部品実行環境(Runtime Environment)です。RTEとは、ソフトウェア部品を動作させるフレームワーク機能を実現するプログラムです。 本ツールを利用することで、設計したアーキテクチャに最適なアプリケーションフレームワークを実現するRTEモジュールを生成することができます。

  • img_rte
用途
  • AUTOSAR仕様に準拠したソフトウェア開発のRTE生成ツールとしてご利用頂けます。 また、特定用途向けにカスタマイズしたソウトウェアプラットフォームと組み合わせ、モデル駆動開発の基盤ツールとして利用できます。
RTE機能概要

 

  • AUTOSAR Release3.0、4.0 仕様に準拠して以下の機能を提供します。
AUTOSAR Release 3.0向け
部品
  • シングルインスタンス生成のみサポート
  • 下記種別のコンポーネントに対応
    • ApplicationSoftwareComponentType
    • SensorActuatorComponentType
    • ComplexDeviceDriverComponentType
    • EcuAbstractionComponentType
部品間連携 下記の部品間連携メカニズムをサポート
  • Sender-Receiver連携
    • プリミティブ型/コンプレックス型のデータ連携(ECU内/ECU間)をサポート
  • Client-Server連携
    • 同期連携(ECU内連携)をサポート
    • 非同期連携(ECU内連携/ECU間連携)をサポートApplicationSoftwareComponentType
動作制御
  • 部品の動作トリガとして、以下のイベントをサポート
    • 周期イベント
    • Sender-Receiver連携に伴うデータ送信/受信イベント
    • Client-Server連携時に伴うサーバ呼び出しイベント/応答イベント
  • ランナブル間データ連携、排他制御をサポート
AUTOSAR Release 4.0向け
部品
  • ソフトウェアパーティショニングをサポート(※AUTOSAR OSが必須)
  • シングルインスタンス生成のみサポート
  • 下記種別のコンポーネントに対応
    • ApplicationSoftwareComponentType
    • SensorActuatorComponentType
    • ComplexDeviceDriverComponentType
    • EcuAbstractionComponentType
部品間連携 下記の部品間連携メカニズムをサポート
  • Sender-Receiver 連携
    • プリミティブ型のデータ連携(ECU内/ECU間)をサポート
  • Client-Server 連携
    • 同期連携(ECU内連携)をサポート
  • Mode連携
    • モード値の伝達連携をサポート
動作制御
  • 部品の動作トリガとして、以下のイベントをサポート
    • 周期イベント
    • Client-Server連携時に伴うサーバ呼び出しイベント
    • モード切り替えイベント(モード遷移の契機のみをサポート)
  • APIによるランナブル起動(外部/内部イベント)、排他制御をサポート
ツールチェーン
  • AUTOSARに準拠したシステム設計ツール、およびECUコンフィグレーション設定ツールと組み合わせて利用できます。
  • AUTOSAR Release3.0 向けでは、システム設計ツール、およびECUコンフィグレーション設定ツールと組み合わせたパッケージにて、ご提供可能です。

  • システム設計ツール Change Vision社製 JUDE Automotive
    ECUコンフィグレーション設定ツール 弊社製 ECUコンフィグレーションツール(OS、RTEのコンフィグレーションをサポート)
販売価格
  • RTEジェネレータツール(研究・開発用ライセンス): 498,000円(税別)



ARTEC VFBS-Virtual Function Bus シミュレータ

概要
img_vfbs
用途
特徴
ツールチェーン



ARTEC CDK - ソフトウェアコンポーネント開発環境

概要
img_cdk
用途
特徴
ツールチェーン