WORK CASE

esmで働く理由

Rubyを使ったアジャイル開発で、
期待に応える仕事を。

アジャイル事業部/プログラマ

鍛治 匠

(2015年入社/東京支社勤務)

学生の時からプログラムを書いており、就活の時はプログラマやSEという職種に絞って会社選びをしました。
特に重視したのは「大学で学んだRubyを使って仕事ができる」「良い開発の仕方を学べる」の2点。

情報収集する中で「アジャイル」という開発手法を知り、
この分野を学べば将来プログラマとして強みになると感じました。

永和システムマネジメントは他社に先駆けてアジャイル開発に取り組んでおり、高い評価を獲得。
開発者として良い仕事ができる環境が整っています。

職種、仕事内容は?

プログラマとして6人のチームでクライアントが運営するサイトのシステム機能改善を担当しています。使用している言語はRubyでフレームワークはRuby on Rails。当社は実績がある分お客様からの期待も大きいので、自分自身も要望に応えられるよう、日々勉強しています。

これまでのキャリアは?

大学で情報系の学部に在籍し、Rubyを学び、見よう見まねでプログラミングを始めました。大学時代に開発のインターンやWeb制作会社でのアルバイトでプログラムを書く経験もしています。現在はプログラマとして、外装業者とユーザーをつなぐマッチングサイトのシステム機能改善を担当しています。

私の働き方

出社時間は自由に選択できるので、プロジェクトの朝会が始まる時間に合わせ、10時から19時のフルタイムで勤務しています。週に2日は客先へ出向き、システムの稼働確認を行っています。入社当時は周りについていくのに必死でしたが、今は少し余裕ができ、客観的視点をもってコードを書けるようになりました。

ONE DAY SCHEDULE
起床
自宅を出る
出社
プロジェクト朝会
業務開始
昼食
業務再開
プロジェクト夕会
終業
夕食
帰宅
就寝
JOIN US!

アジャイル事業部は優秀な先輩が多いので、毎日が刺激的で勉強になります。仕事を依頼してくれるクライアントも事業部の開発の仕方に理解があるところが多く、自分の好きな開発環境で開発ができOSSにも理解がある。開発者にとってまさに至れり尽くせりな環境です。「開発者としてより力をつけたい」「良い開発の進め方をしていきたい」と思っている人には最適な職場だと思います。

esmで一緒に働こう!