会社概要

環境への取り組み

環境方針について

世界的な環境問題への取組みが高まる中、豊かな自然と地球を将来に亘り残していくよう、当社ならびに社員一人ひとりが環境保全活動に取り組みます。


基本理念
株式会社永和システムマネジメント(以下「当社」)は「環境負荷の低減活動を通じて経営基盤の充実と地球環境保全に貢献する」という基本理念のもとに、企業活動を通じて人々の健康と豊かな社会の実現を目指すことを目的として、下記の基本方針を定める。

基本方針
当社は、事業主体であるコンピュータソフトウェアの設計・開発、販売、保守を通じて社会に貢献するとともに、これらの活動が環境に与える影響を認識し、環境マネジメントシステムを構築・実施・維持し、継続的改善に努めます。

  1. 当社の事業活動、事務活動、および当社の製品・サービスが環境に与える影響を確実に把握し、当社にふさわしい以下の環境管理活動を実施します。
    1) 情報技術をいかした環境にやさしい製品、サービスの提供
    2) 開発、事務の効率化による電気使用量抑制(省エネルギー)推進
    3) 紙使用量の削減による省資源の推進
    4) 産業廃棄物の適正な管理およびリサイクルの推進
    5) グリーン購入の推進
    6) 環境美化活動の推進
  2. 環境目的および目標を設定し、妥当性を毎年見直すとともに環境経営システムを継続的に改善し汚染の予防に努めます。
  3. 環境関連法を含む法令と当社が同意するその他の要求事項を順守し、お取引先のご要望にお応えできるよう、最大限の努力をいたします。
  4. 全社員が環境管理活動方針を理解し、本方針に則した活動が行えるよう環境教育を促進します。
  5. 地球誕生以来育まれてきた自然の営みや、生態系が与えてくれる無償の恩恵を十分認識し、「自然循環機能と事業活動との調和を目指す」「地域社会との連携を図る」を中心に、生物多様性の保全に取り組みます。
  6. 本方針を広く公開するとともに、適切な情報提供に努めます。

2011年9月1日

株式会社 永和システムマネジメント
代表取締役 西村 輝雄

生物多様性保全への取り組み

2008年6月「生物多様基本法」の施行、2010年10月には生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されるなど、生物多様性保全が重要視されております。
当社でも、環境保護は重要な社会活動、また、それに取り組むことは社会的責任であると認識し、生物多様性の保全に貢献するための活動に積極的に取り組んでいます。

活動事例 1
本社がある福井県では、美しい自然環境や住みやすい生活環境の保全のため、継続して「クリーンアップふくい大作戦」に取り組んでおり、
各地区・事業所等での清掃活動を呼びかけています。
また、平成26年からは、ゴミ拾いアプリ「PIRIKA(ピリカ)」を利用した福井県内の清掃活動をリアルタイムに表示するサイト
「クリーンアップふくい ~拾ってみねの、ふくいのゴミ~ 」も開設するなど、清掃活動の見える化を図っており、都道府県投稿数ランキングでは常に上位にランキングしています。
当社もその活動に賛同し、清掃活動の様子を投稿しています。


活動事例 2
台風などにより、大量の流木やその他国内外のごみが海岸に漂着したり、砂浜にごみが放置されたりする状況が続いています。
生態系を含む海岸環境の悪化、白砂青松に代表される美しい浜辺の喪失が生じていることが指摘され、豊かな自然環境、海岸の良好な景観を守る取り組みが重要となっています。

そこで、昨年に引き続き今年も地球環境の保護と保全を全世界に呼びかけていく活動「コスモ アースコンシャス アクト」への参加者を社内で募り、たくさんの参加者とともに、浜地海岸で清掃活動を行いました。


photo

「コスモ アースコンシャス アクト」の参加者(総勢450名)で、45リットルのゴミ袋で378袋分のゴミを回収しました。


photo

当社からの参加者で記念撮影


活動事例 3

1998年頃にはじまったサンゴの白化現象は、地球温暖化による水温の上昇が原因といわれています。沖縄のサンゴは、そうした水温上昇やオニヒトデなどの大量発生によって、その多くが死滅するという危機に瀕しました。現在は何とか全滅を免れているものの、依然危機的な状況であることに変わりありません。

サンゴ礁は、さまざまな生き物の住み家や産卵場所を提供し、海洋生態系の中で重要な役割を担っています。
また、サンゴとサンゴ礁の果たす重要な役割として、海水のCO2濃度調節があります。サンゴおよびサンゴ礁がなければ、CO2濃度のバランスが崩れ、海洋生物すべてに大きな影響があるといわれています。

サンゴ礁が持つ高い生物多様性の保持能力を守り、美しい海を次の世代へ残すため、社員旅行の機会を利用し、沖縄本島にて社員とその家族でサンゴの苗の植え付けを行いました。海洋環境講習と実際にサンゴに触れて植え付けを体験することで、生態系の大切さを学びました。


photo

講習の様子:サンゴの生態やサンゴ礁のめぐみ、危機の状況などの海洋環境講習を受けました。


photo

植え付けの様子:実際に自分の手で植え付け作業を体験しました。


photo

最後に記念撮影

活動事例 4

2011年6月には、前年の当社創立30周年記念にちなんで「第1回みどりと花の県民運動大会 in 福井」で植樹活動を行いました。
植樹した苗木は、ケヤキ、コブシ、ヤマボウシで、合計30本です。これらは、当社が本社を構える福井県の気候・樹種に合い、かつ、里山形成に不可欠な在来種の樹木であり、CO2吸収量の比較的高い広葉樹です。


photo

植林活動の様子


ケヤキ・コブシ・ヤマボウシのCO2吸収量:
CO2吸収量(t-C/yr/本) は0.0100であり、これは、スギ類・ヒノキ類 の吸収量0.0072を大きく超える水準となっております。
資料出所:平成22年度・国土技術政策総合研究所 講演会資料 「低炭素社会づくりを支える緑化技術」

エコキャップ運動

エコキャップ運動は、ペットボトルのキャップを集めてリサイクルし、海外の子どもたちにワクチンを提供しようという活動で、当社でもエコキャップの分別回収を推進しています。

2015年10月に、社内で集めたエコキャップを「福井エコキャップ運動委員会」(福井テレビ内)へ徒歩持参しました。
持参したエコキャップは、約26kg(キャップ11,180個分)となりました。これは、ポリオワクチン13人分の購入代金に相当し、資源リサイクルにも貢献しています。


photo

(左)持参した約1年分のエコキャップ、(右)エコキャップ受領書


数量(kg) 個数(個) CO2抑制量(g)
2015年 26.0 11,180 81,900 ワクチン13人分
2014年 26.0 11,180 81,900 ワクチン13人分
2013年 27.0 11,610 85,050 ワクチン13人分